WTR by masa

Worldly Thoughts Records
http://blog-imgs-26-origin.fc2.com/m/s/l/mslog2/feed.gif http://blog-imgs-26-origin.fc2.com/m/s/l/mslog2/adm.jpg

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カメラ:無線LAN内蔵機

無線LAN内蔵のSDカードやカメラ本体など、一通り使ってみて思ったこと。


何事も、体験してみないことにはその価値はわからないね。
以下、長文につき。


使ってみたは、Eye-FiカードとFlashAirカード。そしてRX100M2。SDカード内蔵のはちょっと型遅れだけど、新型でも出来ることは大きく変わらない。




まず、無線LAN内蔵カードの先駆けで、有名なオレンジ色のEye-Fiカード。

一口に無線LAN内蔵と言っても、これだけはちょっと動作が違う。
ほぼ、自動動作する感じで、いわるゆプッシュ型といえるかも。
選択的に転送とかもできるけど、このカードの真価はエンドレスモードでこそ発揮される。
自宅の無線LAN圏内で転送か、スマホ/タブレット経由で転送か、最終的にEye-Fiのサーバー経由で自分のパソコンに全て写真を送っちゃう。
サーバー経由なので、パソコンの電源の状況は問わない。
一定の容量を残して、送った写真は削除してくれるようににすれば、カードをカメラから出す必要無し。しかもほぼリアルタイム。
使うときは、カメラ側の設定は一切無し、電源入っていればOK。スマホ転送なら、スマホのWi-FiをONにしておけば、撮影の合間に転送しておいてくれる。
電波の発信は基本的に使用者に制御できないのであるが、電池の消費は、一眼レフならほぼ気にならないレベル。ミラーレスやコンパクトはちょっと電池の減りが早くなる。対応機種では電波切って延命できるけど、一部機種は動作不安定になる。
電波がつながるタイミングとか、転送具合とかカメラの相性とか、若干癖があるけれど、全部自動化できるEye-Fiカードが、今のところ一番便利。
なんといっても、撮影してしばらく歩いているていどで、スマホなどで画像が見れるんだから。
家に帰ってくつろいでいればパソコンにも転送されちゃうんだから。
転送先があればカードの容量なんて気にする必要が無くなるんだから。

自分の場合は、E-P3に入れると起動が遅くなってたまにカメラが暴走するので、一番無意識につかえるK-5に入れっぱなし。




次に、FlashAirカード。

これはカメラ側でキーとなる画像を操作することで、電波の制御をして、スマホ/タブレットで中身を見るタイプで、プル型。
電波出したら、スマホなどから専用アプリかブラウザでカードの中を見て、ダウンロードする具合。
ファームウェア新しくなったら速度が上がって使いやすくなった。
製造するのがメモリーカードに慣れた東芝なだけあって、カメラからするとほぼ普通のSDカードなので、たぶんどのカメラでも使えるし、電波を出さなければなにもかも普通のカードと同じ。
同様の機能を持ったmicroSDアダプタなどあるけど、あれは電波の制御ができないっぽい(常時発信する)。
おまけに、新しいタイプだと自宅などで無線LAN圏内なら、カード経由でインターネットにもつながるのだとか。出先ではあまり影響しなさそうだけど。
ただ、最終的にパソコンに画像を転送するには、従来通りカードを抜くか、カメラにケーブルをつないでデータを読み込まなければならない。
無線LAN内蔵パソコンならなんとか出来ないことはないけど・・・

自分の場合、カメラ側が気を使わないため動作に支障がないため、E-P3に標準装備。




最後に、カメラ内蔵の無線LANをRX100M2で。

これは各社メーカーごとに動作が違うだろうけど、やりたいことは似てるみたい。使い勝手が違うかね。
出来ることは3つ。スマホ/タブレットへ画像転送、パソコンへ画像転送、撮影時のファインダーとしてのデータ転送。
パソコンへ転送は、自宅のWi-Fi圏内に入って、パソコンが動いていれば、カメラの操作で転送できる。
カード抜き差しするのと同じタイミングだけど、ちょっと楽かな。
スマホ/タブレットに転送するのは、カメラで選んで1枚ずつ転送するのと、スマホで表示してそこから選んで転送するのとできるけど、一度電波をつかんでくれれば、そこそこ快適。これは専用アプリの使い勝手がもう一つなのが残念。
最後にファインダーとしての動作は、レンズカメラの動作そのもの。正直に言うと、実用レベルとは言い難い。
タイムラグがシャレにならない。
おまけに、アルミボディの影響か、通信状況もあまり良くなくて、止まる&途切れる。
ファインダーがあらぬところから見れること自体は面白いんだけど。
そして、スマホ転送とファインダー活用の接続にはNFCなるものが使える。
NFCが使えるスマホとかなら、かざすだけで一切設定無しで接続してくれる便利なもの。Bluetoothヘッドセットなんか、数秒というか一瞬で接続/切断が出来てBluetoothの救世主くらいに思えてくる機能。
と・こ・ろ・が!!
個体差なのか、無線LANはBluetoothより接続プロセスが複雑な影響もあるのだろう、これがつながらない。3回に2回くらいは接続失敗もしくは異常に接続まで時間がかかる。
通常の手順でカメラ、スマホと操作して接続したほうが安定しているくらい。これだけは、本当に惜しい機能だ。
どれももう一つな機能でなあるけど、常に無線LANが使えるということはやはり便利。パソコン転送して、カードフォーマットすればいいや、と使うことにした。
ちなみに、このカメラもEye-Fiカードは相性が悪いみたいで、どうも良くない。どうやらエンドレスモードでカメラ側が把握できないところでファイルが消えるのが耐えられないらしい。




ということで、それぞれ一長一短。
全自動という点でEye-Fiカードが一番いいんだけど、それゆえ相性があるのか。互換性上がってくれればいいんだけど。


あと、RAWファイルの転送は一部のEye-Fiカードしか対応していない模様。自分はほとんど使っていないので問題ないけれど。
と言う具合の長々としたメモ書きでした。誰かの参考にでもなれば幸い。

| カメラ | 00:19 | cm:0 | tb:0 | TOP↑

Loading


COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://mslog2.blog57.fc2.com/tb.php/1052-f80e6862

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。